KINO MANIAQ

世界の映画館へようこそ!

   

*

チェコの映画館KINO ATLAS

   

KINO ATLAS

1544317_716626301754424_630856841916460767_n

チェコ・プラハにある映画館KINO ATLAS。

ここで「マップ・トゥ・ザ・スターズ」を

観ることにしました。

実は「人生スイッチ」と迷っていたのだが、

スペイン語チェコ語字幕じゃ太刀打ちできないので、

英語音声の作品に挑戦!

料金

名称 料金
一般 110チェコ・コルナ(約550円)
15:30の回 60チェコ・コルナ(約300円)

メインはカフェ&バー

1526740_716626368421084_4105867449170872787_n

プラハの巨大駅

プラハ・フラヴニー・ナードラジー

から徒歩20分高架線下にある映画館に

日が暮れた頃に行くのはどこか怖いものが

あるが屈せずGO!

 

なんと、映画館なんだけれど、一日15:30

20時以降の回2回しか上映しない。

主に1階のカフェ&バーが主流で。

イケイケビジネスマンの憩いの場と

なっていました。

チェコは物価が安いため、

550円で映画が観られます。

15:30だと300円。TSUTAYAやんw

クローネンバーグを観る

10687028_716626418421079_60316249963253123_n会場の質感がどうもヒューマントラストシネマ有楽町っぽい。

ミニシアターで映画館としてのやる気なさげな場所にあるが、

中はしっかりしているところ。座席もゆったりくつろげます。

10519738_716626341754420_5150654221501773910_n

ビデオ・ドローム」や「スキャナーズ

裸のランチ」と人体実験映画ばっかり

撮っているカナダ代表のゲテモノ監督

クローネンバーグの「マップ・トゥ・ザ・スターズ」。

何故か、綺麗なギャルが多くてびっくり!

案の定、ブラック過ぎる内容。

きついバイオレンス描写が展開されていたけれど

お姉さん大丈夫??

 

ちなみに、ヨーロッパの人は上着を前の席に

乗せる傾向があるらしく、

しょっちゅう「おい、ココの席、俺んところだから

上着どけろや」と緊迫な状況になる。

日本とは比較ならないぐらいに、

空いている席フル活用っぷり

肝の座りっぷりに驚かされる。

 

フランスはそれを避けるために全席自由席なのかな?

あいにくチェコはしっかり指定席ですw

10806327_716626328421088_4861351499802633264_n

Radaは列でSedadloは行です。

10431570_716626395087748_5539256360523773946_n

裏は広告になってました(*^_^*)

 

世界の映画館は行けば行くほど

奥深い人々の文化が眠るなと

改めて感じたぞ。

観た映画


 - チェコ, 映画館 , , , , ,